庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

鼻事情と青い花とバラ事情

   

ここのところ花粉症の症状はかなり楽になっていて、
花粉の季節もそろそろオサラバかあ♪なんて余裕をぶっこいていました。

でも本日を詠むならば 「忘れてた 杉より遅い ヒノキ花粉」(笑)

 

なかなか厳しい鼻状況ですが 杉からヒノキへ季節は一歩前進!
バラの葉っぱの影も楽しい季節になってきたので 箱ティッシュ持参で庭をウロウロ。

 

影の下ではツルハナシノブが季節を満喫中。

 

不思議色のこぼれ種育ちのセリンセも

庭の奥への案内役みたいな♪
調子がいいとなかなか巨大化するので(現在株張り1m)私の庭はここがセリンセの特等席です。

 

向かい側の花壇ではバラと季節がバッチリ合うはずの初夏の花たちもお目覚め。
花粉なんかに負けてはいられません!(ブログを書いている夜更けもティッシュの山を作り続けているので気合い注入)

 

クレマチスで覆いたいアーチの向こう側のバラは 大きく育ってくれて嬉しいアブラハムダービー。
影も大きいので、陰で苔むしたこの場所を改造したいと書いて半年が経ってしまいました。
でも実家の改造ででてきた古びたレンガで材料は揃っているのでいつかは!(再び気合い注入)

 

場所は取るけど、何年もかけて大きく育ったバラの蕾ラッシュは私にとって至福の時です。

でも全部が全部うまくいっているわけではなくて、庭作りを始めてから今年で10年目。
歳を感じるバラも植えてきたかも。

 

赤丸で囲った元気印なボレロ1号の芽吹きが弱くて隠したい鉢をまだ隠せません。
若返りを狙って思い切って冬におもいきった強剪定したほうがよかったのかなあ?

未知の世界が続くから飽きない庭だけど、冬にどうしたらよかったんだろう?

しゃがみ込んでうーーんと悩んで空を見上げたら、我が家で1番の大きな影を作る庭の重鎮のヤマボウシが芽吹いて
私のドタバタ劇場を全部見ている大きな樹はそんなのお見通しな感じでした。

それでも頑張りたくてしかたがない春です。

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)

人気ブログランキング

 - ガーデニング, ローズガーデン

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Comment

  1. コスモス より:

    こんばんは(^^♪

    花粉症(-_-;)もう少し続くのですね。
    杉と檜、どちらの花粉がより強い、とかあるのでしょうか?
    ヒノキ花粉も、早く収まるといいですね。
    それにしても春のゴミ袋って「ティッシュ詰まってます」系が多いのかなーなんて、どうでもいいような想像しちゃいました。

    バラを引きたてる青い花たちは、「あとは主役を待ってます」な、可愛い表情で準備OKですね。
    青いお花同士もつながりあっていて、ステキなグラデーションになっていますね。

    ボレロ…
    こちらのHCに入ってきていて、「どうしよー」なんて思っています。
    バラ美さんのボレロ、今からドカーンと芽吹くといいですね

    • barami より:

      コスモスさんこんばんは~♪
      杉花粉症の7割の人がヒノキアレルギーも持っているそうです。あと少しの辛抱ですね・・・
      私は今年はヒノキのほうが辛くて薬が増えて喉がカラッカラです(;・∀・)
      そうですよね!花粉の季節はティッシュ会社の書き入れ時?(笑)

      青い花、まだまだいろいろ仕込んであるので順番に咲いていくのがトーっても楽しみです。

      今年こんな状態なので説得力ありませんが、ボレロはいいバラだと思いますよ~( *´艸`)
      2号のほうは元気いっぱいに芽吹いているので、1号もなんとか追い付いて欲しいです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

春の気配に慌てて穴掘り

外壁塗装でヒキコモリ。 私は光合成不足です(笑) 庭ってやつは疲れるけれど、やっ …

こんがりしたバラ(汗)

たまに吹く風はまだ6月の名残。 網戸越しに外を眺める猫も気持ち良さそうに &nb …

快晴の日に 秋バラと自然薯の収穫

いい天気が続いています。 空に近いソンブレイユ。 ヒョロヒョロの新苗が大きくなり …

2016バラシーズン① 小道編

数少なくったバラは、雨とスリップスでほとんどが痛んでしまいました。 そろそろ名残 …

夏の曇りの庭 ツルバキアとルブスとルブス

「あれ?また雨?」 なんて思ったら、額からこぼれた汗でした(夏の曇り空あるある? …

変わる季節のひこうき雲

毎年は行けなかったけれど バラにハマってからは1年に1度のお楽しみになっていた国 …

珍しくて怖い種

梅雨も明けて、水やりが大変になってきました。 鉢はできるだけ減らしたいのですが、 …

とりとめのない庭

富士山が、富士山らしい姿になりました。 もう冬バラと呼んでいいのでしょうか? こ …

ピエールとゲラニウム ビルウォーリスの芽

つるバラは芽吹きが早いといわれますね。我が家のエース、ピエールも順調に芽が動き始 …

秋も元気なバラの害虫&密かな白竜

近くのバラ公園の前を車で通過してみたら、秋のバラの葉っぱがすでにワサワサでした。 …