庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

齧られたピエール カミキリムシの食害跡

   

庭をウロウロしていたら
ついに「ムムム」な場所を発見してしまいました。

 

バラの枝がこんな風に齧られているのは「ヤツ」の仕業。

 

バラの天敵、カミキリムシ(成虫)による食害跡です。
成虫のカミキリムシはこんな感じで枝を齧るだけなのですが、問題はその幼虫のテッポウムシ。

姿は見えなくとも卵を産み付ける親の存在確認はできたので、これからの季節は株本に幼虫の気配(木くずみたいな糞)がないかにらめっこです。

 

放置すると大きなバラも枯らしてしまう怖い虫だけど
テッポウムシは1~2年もの長い間を幹の中で暮らして成虫のカミキリムシになるので、
株本に木屑みたいなものを発見したら退治すれば大きなバラなら枯れるまでいくことは少ないです。

株本にすでにまん丸の1センチ程度の大きな穴があいていたら、それは成虫が巣立った跡。
でも運のいいバラはそこからも復活します(経験済み)

 

幼虫が潜んでいるのは成虫が出た大きな穴ではなくて、こんな小さな穴。

 

爪楊枝がぴったりサイズの小さな穴です。
中の幼虫が5センチサイズになっていても、成虫の脱出孔とは違って入り口サイズはほぼ変わりません。

 

この汚い注射は100均のコスメコーナーで数年前に見つけたものでテッポウムシ退治になかなか役立っています。
木屑がでた穴を発見したら30倍程度に薄めた濃いスミチオンをこれを使って注入が安上りで楽なので、最近はもっぱらこれを使っています。
(専用のスプレーも売っています。あくまで私のやり方なので自己責任でお願いします)

この10年でテッポウムシを100匹は退治しました・・・虫多すぎ(汗)

 

今回、成虫の痕跡を発見したバラはピエール ドゥ ロンサール。
綺麗に咲くかは微妙だけど2番花の蕾が過去最高にわんさか上がっていて楽しみの一つです。

 

5月のピエール。
ピエールは数年目から毎年テッポウムシに入られては退治を繰り返してきました。
今年もそんな時期がやってきたので私もプチ戦闘モードに突入しようと思います(笑)

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)

人気ブログランキング

 - ピエール・ドゥ・ロンサール, 害虫

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Comment

  1. コスモス より:

    こんばんは(゚∀゚)

    100匹にビックリ\(◎o◎)/!そんなにたくさんいるのですね。
    ウチはカエデ類の被害がひどいので、もしかしたら、そのせいでバラがそこまでやられていないのかもしれません(単にバラの木が小さいからかも(゚Д゚;))

    ウtのヘリテージもそっくりの枝が有って、ナンダロって思っていました。なんと成虫の齧った痕だったのですね(+_+)

    爪楊枝ぴったりサイズかぁ・・・絶対見逃してそう(笑)
    ワタシも地面が乾いたら、爪楊枝片手に頑張って見付けたいと思います。

    ピエールの2番花も楽しみにしてます♡

    • barami より:

      コスモスさんこんばんは~♪
      車でたった30分の妹のところはいないのに、山が近い私のところはカミキリムシが凄いんです( ;∀;)
      すぐ近くの実家のバラもことごとく被害にあっています・・・

      一匹の雌がおそらく何株も渡り歩いて産卵していると思うので、木屑を発見したバラの周りは特に念入りにチェックすると発見しやすいかもです。
      これまでの経験上 枝を齧られたバラは卵を産み付けられていることも多いので、株本のパトロールに励もうと思います!
      コスモスさんのヘリテージもどうかご無事でありますように!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

満開♪たわわに咲いたピエールドゥロンサール 国バラからのお迎えは?

台風、国バラと怒涛の一週間が終わろうとしています。 昨日の雨で一斉に散り始めたバ …

プチ改造こぼれ話 バラの根っこはどこまで?

大きくなったバラの根っこってどこまで続いているんだろう? 大型のつるバラの寒肥作 …

新たな天敵バラクキバチ&まだ美しいドレスデン

雨が降ったばかりの地植えのバラで(水切れは考えにくい) 数枝だけがクターっなこの …

雨ニモマケズ 満開のピエール&姫バラ ワンダーファイブ

どしゃ降り上がりの夏日の5月・・ 回れ右して帰りたくなるぐらいに散りまくっていて …

ピエールとゲラニウム ビルウォーリスの芽

つるバラは芽吹きが早いといわれますね。我が家のエース、ピエールも順調に芽が動き始 …

フリーズした朝のスノークリスタルとか室外機カバー

早起き庭太郎「大変大変!ちょっと起きて!!早くきて!!」 私「何事?」 庭太郎「 …

赤く燃えるピエールドゥロンサール

バラの5月はあっという間に終わってしまったのに、梅雨の6月はとっても長く感じます …

ピエールの返り咲き

激しい雨風で、台風でも耐えていた大鉢やらもろもろが初めて倒れました。ビックリ。 …

7年目のピエールの芽吹きと株元

これくらいの寒さは、 冬にはへっちゃらでペンキ塗りしていたのに 「春が来た!」と …

こんな場所にテッポウムシ・・・再び

大っ嫌いなバラの天敵、「テッポウムシ」 今年もすでに10匹は退治しています(涙) …