庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

チャールズ ダーウィン

      2018/03/18

品種名 チャールズ ダーウィン(ER)
発表  2001年
開花  返り咲き
花径  大輪
花形  カップ咲き
香り  強香
樹高  1.0m×株張り1.0m
交配  実生 × 実生
系統  シュラブ

 

DSC_0521_R

 

ほかの品種にはない山吹色の大輪花。進化論を提唱したことで有名なシュロプシャ州出身の自然科学者、チャールズ・ダーウィンの名にちなんで命名された。株は多少横張り。若い株はシュートの発生がよい。夏以降はおう盛に伸びる。枝にトゲは少ない。

 

DSC_0446_R

 

DSC_0520_R

 

DSC_0522_R

右上はティークリッパー

 

DSC_0519_R

 

我が家のチャールズダーウィンは鉢で育てて3年目です。

あまり日当たりの良くない場所でも生育旺盛です。

春でも一輪咲きが多いですが、独特な色の大輪花がうつむきがちに咲く姿は目をひきます。やわらかなティーの香りも楽しめます。

しかし、このバラの一番の魅力はなんといっても少しずつ退色していく姿でしょうか。

DSC_0555_R

2種のバラが咲いているよう。まさに退色美!この写真が実物に一番近い色です。

山吹色の花は、和風なシーンにもあうと思います。

 

 

紹介記事
地植えデビューのERに嬉しいシュート バラの蕾も続々と♪

 - イングリッシュローズ, チャールズ ダーウィン, ローズガーデン

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

台風一過の秋晴れ

まさかの2週連続の台風は無事過ぎていきました。 台風一過の秋晴れの庭。 左にチラ …

雨の前の移植 リシマキアとタモラ

まだ1月なのに暖かすぎる日が続いています。(少し不安なぐらい) 霜の心配もなく、 …

最後のバラと、見切りバラ

昼間は暖かいので、ブヨがやたらと元気です。 お腹痒い・・・服の上から刺された・・ …

鉢バラとおぎはら便 キャットミント ライムライト

秋らしい日がやってきました。 まだギラギラしている昨日の庭。 バラの背が伸びてき …

剪定スタート アブラハムダービーの冬剪定

2月になったので、待ちに待ったバラの冬剪定のスタートです。(つるバラの剪定、誘引 …

きてますピエールドゥロンサール♪ 情熱の赤いバラも続々開花中。

ここ数日は暖かいを通り越し、日中は暑いくらいでした。 ちょっと油断すると鉢バラ達 …

ガーデナーの誘引とローズヒップ

手を伸ばしてもとても届かない場所でまだ咲いていました。 ザ ジェネラス ガーデナ …

戦いの季節へ バラの天敵カミキリムシ(テッポウムシ)現る

いつものようにホームセンターでセメント砂を買い込んでいたら 潰れたゴマダラカミキ …

移植したバラは元気かな?経過報告です♪

こんにちは! 衣食住の中では食に対して特に真摯に向き合ってる庭太郎です。 昨日の …

止まない雨で思う庭

日に何度も「天気予報」ばかり検索しています。 昨日の予報は雨のち曇りだったはずな …