庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

冬庭アレコレ

   

昨日はあんなに暖かだった西花壇なのに、今日は太陽が隠れん坊。
太陽が隠れてしまったら東西南北なんて関係ありませんね、ブルブル。
寒くて庭に出るのに勇気とガッツが必要だったし、投げ出してあった手袋をはめたら昨日の汗で湿っていて超気持ち悪かったです(笑)

 

西花壇の誘引作業がまだ終わらないので、今日は晴れた日の写真から。
冬のブログ、困った時の救世主はやっぱりビオラ♪

 

ファルファリア №24

とはいっても我が家はたくさんのビオラは置けなくて(どこに置いても冬もナメクジがくるし 涙)
秋のビオラ選びでとっても迷ったけれど、これも買ってよかったと思う一つ。
好きって理由がないことも多くないですか?
好きです♪

 

今年は家の外壁の塗装があるので、それに合わせてバラの手入れも順番がめちゃくちゃ。
暖かいので名残惜しく咲かせているというよりは焦りも感じるこの頃。

 

このネギみたいなのはブローディア。

 

猫の近くではゲラニウムや種まきフロックス。

バラと咲かせたい5月の植物は各々の冬姿で春を待っています。

 

なので私も冬庭で咲くビオラ(青空)に癒されながら、トゲトゲ王国となったバラ庭をクリアしていきたいです!

 

おまけ
庭用の上着はトゲによりもう限界突破中(笑)

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)

人気ブログランキング

 - ガーデニング, ローズガーデン

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Comment

  1. コスモス より:

    こんばんは(*^^*)

    塗り替えってやっぱり大変ですよねー。
    ウチも年末、とりあえず相談だけしました。業者さんは「できれば春か秋に」と言うので、早ければ今年の秋には・・・?
    バラ美さんの記事もいろいろ参考にさせていただきたいと思ってます♡

    ビオラ、カワイイですね~。
    おしゃれなのを見付けるのがお上手(^^♪センスのいい人は見る目もあるんだな~と羨ましがっています。
    色合いが、まるで踊ってるような感じ?春よ来い来いダンスですね(*´艸`*)

    にゃんこはお花たちの生長の見守り役でしょうか☆

    限界突破の上着がスゴイ\(◎o◎)/!
    逆に「綿のポンポン付きジャケット」、とか開き直るのはいかがでしょうか(笑)

    • barami より:

      コスモスさんこんばんは~♪
      塗り替え、庭が輝く春は嫌ですよね(^_^;)
      移植もしやすい秋のほうが絶対いいと思います。
      私は植物に「ノーダメージ」は無理ですと言われているので・・なかなか不安でいっぱいです(>_<) ファルファリアシリーズ、遠い園芸店でたくさんの種類が売っていたんですよ~ あの時迷ったあれもやっぱり買えばよかったとちょっと後悔しています。 黒いウサギがまだ忘れられません。 ナメクジがいなければもっと置けるのになあ(´;ω;`) 上着・・さすがに明日のゴミの日に捨てようか迷っています(笑)そして庭は綿が飛び交っています(^▽^;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

一歩手前の秋バラ

強風がくるとは知らず、 庭太郎に聞いた話によると雷と風の音が凄かったらしいですが …

グランドカバーの蜂と黒いスカビオサ

まとまった雨で緑は潤い、水やりを逃れた私はダラダラしていました。 たまには雨もい …

秋の空気に蜘蛛とあおい

雨の日はお休みと決めて、 それ以外は庭に出ない日はありません。 ここ最近、一日で …

そろそろラスボス

寒肥作業も終わったので、 ラスボスとの戦いが迫ってきました。 スノーグースです。 …

夏日の庭 耐えたバラとスウェディッシュアイビー

雨があがって、夏日になりました。 もう11月も近いのに、おかしな天気・・・ また …

予約大苗の到着♪ひとめぼれのバラと期待のバラ

植物限定で「ひとめぼれ」は私の得意技です。 またか!とか、けっきょく何が好きなの …

緑の庭とアールグレイ色の花

近くに大きな川があります。 6月だというのに流れが止まって川幅も随分と狭くなって …

泣けちゃうバラ&今はグリーンボール

もう何回目?な春の嵐予報。 真夜中の室内に雨音が届き始めました。 前回の反省から …

強風の庭で・・・

雨があがって眩しいぐらいの晴天でしたが、 風がピューピュー吹き荒れた庭でした。 …

ひとめぼれのマリア

空はこんなに青いのに まだ大量に余っている野地板を見ても 切りたくならないなんて …