庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

嫌いなバラの虫ランキング3位 ホソオビアシブトクチバ

   

なんだか凄いタイトルにしてしまいましたが
あくまで私個人のランキングです。

3位にいくまえに1位から発表。
今年はまだ見ていませんが、1位はやっぱりバラを枯らす恐れのある「テッポウムシ」
嫌いというより怖さでナンバーワン。
2位は、蕾を狙うことと逃げ足の早さで憎たらしさではナンバーワン、「バラゾウムシ」
被害報告をすると数千文字を超えてしまいそうなので、上位2つは今日はこのあたりにします(笑)

 


あーーもうっ・・・
3位はこれ!
新芽や蕾が大好物で、暑くなると一気に増えるので、沸点が低い私を夏中イライラさせます(怒)
6月以降、バラの蕾に大きな穴をあけるのはこれが多いです。

クレアオースチンの株元に張り付いている「ホソオビアシブトクチバ」(蛾?)のそこそこ大きくなった幼虫。
気持ち悪さランキングではナンバーワンかもしれません。

 

雑な薬剤散布で逃れたのか、強いのか・・・
探そうと思えばすぐこんなのが見つかります(涙)

 

まだ小さいのは 昼間からムシャムシャしています。
大きくなると日中は株元や見えない場所に隠れていることが多いように思います。
日中探しきれなかった大物を探しに
夜、懐中電灯で照らすと・・・
ギャーー
めちゃくちゃ足が速くてビックリしますよ。
気持ち悪さナンバーワンはそこからです。

 

一斉に新芽を上げて、今年は2番花の蕾が少しあがってきたピエール ドゥ ロンサールが
ホソオビ多発ゾーンとなっています。

バラは、アブラムシなんて可愛く思えるぐらい 1年中敵がいる気がします。

 

ピエールの横の込み合っている小道も、虫パトロールが欠かせません。

 

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - ローズガーデン, 害虫

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Comment

  1. コスモス より:

    こんにちは(*^▽^*)

    ホソオビなんチャラー
    と覚えていました。
    こいつは許せんやつですね~。
    蕾からニョロリーと顔を出したときは、怒り爆発!
    でも、手ではさわれないので(笑)枝ごと切って家横の側溝に流しています。
    「川魚の餌として役に立ちなさーい」

    この小道は歩きたいなー
    色が抑えられていて
    まとまっていて爽やかです♪

    • barami より:

      コスモスさんこんばんは~♪
      ホソオビの唯一の救いは、5月にはあまりいないことかも?
      5月が1番元気だったら、バラゾウより嫌いかもしれません!
      コスモスさんの側溝も流れているんですね。妹も常に側溝に水が流れていて虫は流すらしいです( *´艸`)
      うちの側溝はいつも干からびているので、ゴム手でツマンデからフミツブースです(;’∀’)

      小道、アガパンサスが咲いていると嬉しいです♪
      でもヘビがいそうなので、今年は頭上もちょっと気を付けています(・.・;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

小道に咲く花 フィリップバッペル

暑いぐらいの陽気に誘われて、庭ではアゲハチョウが飛び始めました。 優雅っぽく書い …

ソンブレイユ1日目のイブのあれこれ

ガーデニングと料理って似ているところが多い気がします。 生命を扱うことが共通点な …

枯れた原因を考えてプチ改造

緑が枝が少なくなって庭が露わになる冬庭。 「見て見ぬふり」をしていた場所がやっぱ …

2週間後の庭 セリンセの撤収&種まき

「楽ではない」というと、クスッとされてしまう趣味のバラ。 でも遊びとはいえ、虫と …

青が綺麗だったので次は青いパーゴラへ

ツルバラの誘引作業は格闘技みたい!? 引っ張った枝が跳ね返る、私の中では通称「枝 …

思い出したクレマチスとアンブリッジローズ

「曇り時々小雨」 絶好のガーデニング日和。(しかも暇!) 午前中に夕飯の支度まで …

雑草対策と裏庭の過去と今

HCにも秋植え球根が並び始めましたね。 誘惑の時期の始まり。 秋バラ、秋野菜のた …

ピエール 10年目の試練 

私がバラにはまったきっかけは やっぱり!?ピエール ドゥ ロンサールです。 ご近 …

バラの種まきにチャレンジ③ 待望の蕾が♪

バラの種まきがしてみたい! そんな単純な動機で初チャレンジした、バラの種まき。 …

がんじがらめのナエマ姫

ほんの少し前まではキラキラと咲いていたバラ達も 雨、風、虫、暑さの猛攻を受け、 …