庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

暖かな冬は害虫も元気

   

冬のバラ仕事で庭にいる時間が増えています。
そして庭にいるとご近所の花友お姉さまとのお喋りもはかどります。
ホットな話題はなんといっても「ナメクジ」(笑)

花友さんはイチゴも育てているのですが、収穫が近くなるとナメられてしまうとのこと。
色づいたイチゴの周りに「炭」を敷き詰めたりラップで軽く巻いてみたりも突破され、今回はタッパー作戦へ!
蓋つきのタッパーに切り込みを入れ、そこに色づいたイチゴの茎を通して蓋をしても隙間から侵入されたとか(涙)
食べるものなので薬剤は使いたくないし・・・

なにかイチゴを守る秘策があったら教えてください。

 

私もナメクジに悩まされ続ける庭なので、ビオラは鉢植えで高い場所に隠して育てているのですが
それでも薬を使わないとすぐにナメられます(涙)

 

 

虫の話になったのでまた虫ネタですが、枯れた鉢バラを触ったらポロっと上が取れて

 

株元に見本のような穴・・・テッポウムシの野郎(笑)
これは守り切れるものではないので発見が遅れた私も悪いけれど・・・庭では虫による「あーーーもうっ(怒)」ということが多々あります。

 

今日はいろいろ脱線しながらも
新入りの三脚と今まで使っていた脚立を四苦八苦しながら青いパーゴラと数時間遊んでいました。
上の方を引きずりおろしたらもう1月なのに「アブラムシ」ギッシリな枝も発見。

蚊はいなくなったけどブヨはブンブン飛んでいて、1ヵ月前に刺された母は皮膚科に通院中。

暖かな冬は虫も元気いっぱいです。
でも負けないぞ!(笑)

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)

人気ブログランキング

 - 害虫

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Comment

  1. コスモス より:

    こんばんは(●^o^●)

    脚立の使い心地はいかがでしょうか?
    良いよーいいよーイイよー(・∀・)
    と宣伝していたので、責任感じて気になってます

    虫かぁ。こちらはほとんど見ないです。
    寒い山が近いので吹き下ろしも冷たいので、バラ美さん地方より、こちらの方がさむいのかなぁなんて思いました。

    ナメクジ、唐辛子の粉を敷き詰めるのはいかがでしょうか?安いのを買ってきて、見るかなにかで細かい粉末にして敷くとこちらではテキメン効いていますが\(^o^)/

  2. コスモス より:

    あ、見るじゃなくて、ミルです。

    • barami より:

      コスモスさんこんばんは~♪
      安定感が全然違います(≧▽≦)
      前は一枝くくるだけで足がガクガクだったのに、三脚だと連続仕事ができました。
      ほんといいもの教えていただいて感謝です♪

      静岡は冬が暖かいのですが、特に今年は寒さが優しいです。虫にも・・・
      アブラムシギッシリはこの時期はさすがにヒエエでした(^^;

      トウガラシ!!効きそう!!!
      また花友さんとナメクジ報告し合う約束なので(笑)私も試してオススメしてみますね。
      いつもいろいろ教えていただいてほんとありがとうございます(*^▽^*)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

畑だより 新入りと大根と虫

涼しさで秋のバラが綺麗です。 ペッシュボンボンがやっとふっくら。 色幅があるけれ …

5月の終わりの庭の花

最近、庭にいると虫の羽音が凄いです。 ひと際大きなブンブン音は、カナブンかオオス …

新たな天敵バラクキバチ&まだ美しいドレスデン

雨が降ったばかりの地植えのバラで(水切れは考えにくい) 数枝だけがクターっなこの …

枯れたバラからテッポウムシ(虫画像あり)

バラが枯れる原因は様々で 私には理由がわからないこともまだまだあります。 でも、 …

スリップスとのしばしの別れ? 冬近しの白 ソンブレイユ

日の届かなくなった奥の板塀はもう葉っぱがなくなって冬景色だけど 日当たりのいい場 …

これはバラの敵??ヒメクロオトシブミ

この夏は暑さで虫が少なくて殺虫剤企業が儲からなかったとかなんとか。 我が家のバラ …

巨大な秋のダービーと庭の小さな落とし穴

今年はとっても貴重な秋の晴れ間。 11月は10月の半分でいいから晴れてほしいなあ …

シルバーなアジュガと芍薬のアリ

ブンブンブン♪チュウレンジー(棒読み) 今年もこの季節がやってきました。 ここの …

バラのテッポウムシ退治

バラの天敵、憎きテッポウムシ。(カミキリムシの幼虫) 今年も闘いの日々が続いてい …

バラの枝の大きな傷 クダマキモドキの産卵痕

夏はちょっぴりイマイマシカッタ太陽だけど(笑) 青空が嬉しすぎるこの頃。(つるア …