庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

ピエール ドゥ ロンサール~5年間の歩み~

      2017/04/16

品種名 ピエール ドゥ ロンサール(メイアン)
発表  1987年
開花  返り咲き
花径  大輪
花形  カップ咲き
香り  微香
樹高  3・0m
交配  (Danse des Sylphes×Handel) × Kalinka Climbing
系統  つるバラ

 

DSC_0463_R

 

ルネサンス期のフランス宮廷詩人(Pierre de Ronsard 1524~1585)が名前の由来。
イギリスのロンドンに本拠地を置き、世界37カ国のバラ会が加盟する世界バラ会連合バラの名誉殿堂入りしたバラ。
別名エデンローズの名を持つ世界で愛されるバラ。

 

DSCN1047_R

 

葉は照り葉で病害虫に強い。
株が成熟すると返り咲くこともある。

 

DSCN1063_R

 

まだバラとは無縁だった頃、このバラを初めて知った時、こんなに可愛らしいバラがあるんだ!と衝撃を受けました。我が家のバラはピエールからはじまりました。

植え付け1年目です。

DSCN0727_R

 

DSCN0861_R

小さい株ながらしっかりと本で見たピエールの花が咲いて感動でした。
花後にビュンビュン伸びるシュートを冬になんとなく誘引した翌年。

DSCN0923_R

 

DSCN1077_R

この頃は東側の小道もまだ生垣でした。
2年でこれだけ咲いてくれる本当に頼もしいバラです。

テッポウムシに入られたりしながらも、4年目にはここまで大きくなり、パーゴラまで進出しはじめます。

DSC_0045_R

 

そして5年目の昨年。窓が開けられなくなりました(笑)

ピエール・ドゥ・ロンサール

 

憧れだったピエールが我が家のシンボルローズに!

大きくなりますが、育てやすさでいえばトップの部類にはいると思います。強健です。
4年目ぐらいから返り咲くようにもなりましたが、うちでは蛍光色が強くでるので春の美しさには敵いません。

あまりにも可愛すぎる花がびっしりと咲くので、少し気恥ずかしさを覚えることもありますが、大事な大事な私のファーストローズです。

 

ピエール・ドゥ・ロンサール

紹介記事
ピエールとゲラニウム ビルウォーリスの芽
ピエール ドゥ ロンサールの誘引

 

にほんブログ村ランキング参加中♪
いつも応援ポチありがとうございます♪とても励みになっております♪
"にほんブログ村

 - ピエール・ドゥ・ロンサール, ローズガーデン

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Comment

  1. みずえ より:

    はじめまして。見事なピエール素敵ですね。私も昨年暮れにピエールデビューしました。大雪も耐えて今は花芽がたくさんついてます。新芽を間引いたり枝を誘引して風をいれたり消毒したりと開花を楽しみに我流で作業してます。薔薇の初心者なので色々教えていただければありがたいです。宜しくお願いします。

    • barami より:

      みずえさんはじめまして♪コメントありがとうございます(*^_^*)
      お手入れを頑張られているので、きっと綺麗なピエールが咲きますね♪
      ピエールは強くて花付きの良いバラなので、日当たりとお手入れに答えてくれる素晴らしいバラですね♪(苗の当たりはずれはありますが)
      昨年デビューとのことなので、これから株本から威勢のいいシュートが伸びてくることと思います。
      それを来年のバラシーズンのために、ひたすら真っすぐ頑張って伸ばして、(折れないように支柱や紐でくくるなどして)
      それを冬に倒して誘引すると
      株が若いうちはどんどん花が増えていくと思います(*^_^*)

      私もピエールに憧れてバラを始めたまだまだ初心者なので、見当はずれな答えだったらゴメンなさいm(__)m
      何かあればまたコメントしてくださいね~♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

思い出したクレマチスとアンブリッジローズ

「曇り時々小雨」 絶好のガーデニング日和。(しかも暇!) 午前中に夕飯の支度まで …

バラが好きな理由

過去に何度か触れましたが、 私がバラに興味を持ったのはピエールドゥロンサールがき …

冬の庭

雨の前に、寒肥作業の続きを。 昨日はここを頑張りました。 すっかり冬枯れの茶色の …

こんなに丈夫なの?ブルーフォーユー

ブルーフォーユーとの出会いは 数年前のコマツガーデンさんでした。 当時の私は白と …

夏剪定スタート

あいわかわらず摘蕾をまぬがれたバラがチラチラ咲いています。 しずく まだ夏顔、L …

加速する緑 立ち上がるアグロステンマ

昨日はいつものように地面とにらめっこしていたら、 立ち上がる時にクラクラしてしま …

1番好きなバラ!? ピカピカなお庭訪問♪

あれも好きだしこれも好き、もしかしたらあっちのほうが好きになる?これから出会うか …

とりとめのない庭

富士山が、富士山らしい姿になりました。 もう冬バラと呼んでいいのでしょうか? こ …

ショック また癌腫(涙)

タイトルの通り、今日はテンションが低いです。 昨年11月にHCで衝動買いし、その …

秋バラと大人買い

夏日が去って、再び秋の陽気に。 暑いのも嫌いではないけれど、やっぱり涼しいほうが …