庭だより

ガーデニング,バラ,DIYの話題を中心に、楽しくお届けするブログです。

*

DIYでナチュラルローズガーデンを目指して~ 物語2 最初の庭計画

      2018/03/01

こんにちは!
でぶっちょでぶきっちょの庭太郎です!
ここだけの話ですが、しゃがんでレンガの目地を切ったりしてる時、膝のお皿の部分が時折悲鳴をあげます。。。ううっ!

とりあえず本日のお話は引っ越してきて初めてレンガを積んだり庭の計画をした時のお話です。

DSC_0003_R

写真は先日紹介したピエール ドゥ ロンサールですが、そのピエールを植えてあるレンガの花壇が、まさにこの家のDIY第一号です。

下写真は作ったばかりの頃で、とてもいびつな花壇になりました(汗)

DSCN0730_R

私こと庭太郎は普段エクステリアの設計等をしており、施工方法も一通り熟知しておりますが、普段作業は一切やらないので、DIYの腕前自体はからっきしであります。

また自庭を作る予算も乏しかったため、当初計画した庭は

  1. 低コスト
  2. 施工が簡単
  3. 草花が主役
  4. 後々継ぎ足していける配置

以上に気をつけながら大まかな計画を立てていきました。

1に関しては、なるべく安い素材をホームセンター等で購入しました。要所要所ではユニソンや東洋工業等のブロックメーカーの素材を使用しておりますが、代用できる物はHC素材をフルに活用しました。

DVC00106_R

HCでも安くて中々よいレンガが売ってるので、実際に見て気に入ったもので花壇を計画

DVC00107_R

作る前には仮並べをして、後々植栽を植えるスペース等の確認をしてから作業に入りました。

 

2に関しては、施工技術が伴わない為、なるべく技術を必要としない形にて計画

DVC00132_R

レンガの絨毯を仮置き
見栄えを良くする為に一応下地にモルタルを敷いて目地入れもしましたが、特に難しくはないと思います。

 

3に関しては、バラ庭を作る前提でなるべく敷材は必要最小限に抑え、地植えスペースを多く残しました。

DSCN0924_R

庭のメインとなる天然石の園路・サークル
目地入れが終わったばかりの状態はとても寂しい感じですが、あくまで主役はバラや草花
今後沢山育てて素適なローズガーデンが出来れば言うこと無しですね!

 

4に関しては3にも通じるのですが、最初から完成形ではなく、その時々植えたバラや植物に合わせ、少しづつ遊び心を加えていければとの考えでした。
とどのつまり、お金が貯まり次第何か作ろう!的なささやかな楽しみ方なんです。

DSCN0926_R

 

今日は5年前に引っ越してきて最初のDIY計画の話でした。
植物を植える為の下地として、レンガの花壇・花台や天然石の園路・サークルを作り、廻りにはバラや植物を植えました。

次回からはバラ美が、実際に植えた物等もまじえてお話していきます。

 

DIYでナチュラルローズガーデンを目指して~物語3 青いパーゴラとスノーグースへ続く~
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)

人気ブログランキング

 - DIY, ガーデニング, ローズガーデン

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

板塀角地にマルチング

当たり前のことだけど2月は短くて 私の中で春認定している3月まであと1週間をきっ …

暑さ寒さに負けずに頑張ってるで賞 若紫&アイズフォーユー

激しく乾燥する庭に強風が吹き荒れました。 今日は脚立作業予定だったので「風がおさ …

虫とバラと新入りクレマチス♪

庭に遊びに来た妹が、アジュガの周りを飛び回る大量のチュウレンジにビックリしていま …

9月の庭だよりは・・大忙し!?

久しぶりの晴れ間は、 こんな秋空が広がっていました。 大好きな夏を振り返るのはそ …

白が好き ビバーナム ボレロの開花♪ 

完成したばかりの板塀が嬉しくて。     つるバラを植える予 …

ダービーの2番花とバラのためのマルチング材

梅雨の合間の晴れが続いて バラの2番花も咲き始めました。 暑さに立ち向かうアブラ …

夏庭と畑のショックと喜び

日中はカンカン照りの庭。 地面では、セミの巣立った穴がポコポコあいています。 & …

昼パト 夜パト 青い花 

気温が上がって夏のようでした。 バラも草花も、1日で変化がわかるくらいに成長中。 …

小道のブルーフォーユー&メイン庭のボスコベル

気温が上がった庭は、バラが咲いたと喜んでいる傍からハラハラと散っていきます。 昨 …

太陽みたいな秋のジュビリーと春のジュビリー

まだまだ、もっともっと綺麗に咲くはず。 そう信じて疑わないのもこのバラの魅力です …